煙草を吸うと便意…というのは都市伝説!禁煙して根本的に改善しよう。

煙草を吸うと便意をもよおすと耳にしたことはありませんか?もちろん便意をもよおす人がいたりもよおす時があったりしますが根拠はなさそうです。煙草を吸って便意をもよおすのではなく、吸わなくてももよおす方が絶対にいいので禁煙をして便秘も解消させましょう!

*

飲めば効く・禁煙補助薬チャンピックス!効果が出るしくみとは?

喫煙することよる健康被害については、多くの人に知られていると思います。

ひと昔前までは、ニコチン製剤よる治療法が主流でしたが、現在では、医療機関で禁煙治療を受けることが可能となっており、禁煙補助剤としてチャンピックスの処方が行われています。
チャンピックスはどんなしくみで禁煙の効果があるのか?

禁煙が出来ないしくみ

喫煙には習慣性があるもので、喫煙を繰り返し行っている事で、止めることが難しくなります。

禁煙してしばらくすると、喫煙したいという強い切望感が生じ、それが止められない理由となります。ニコチンが含まれているために、ニコチンが人間の脳内の受容体と結合することで、神経伝達物質であるドーパミンを放出させます。ドーパミンは快楽物質とも呼ばれているものですので、依存症になってしまう性質があり、喫煙を止めてから一定期間が経過すると、離脱症状などが現れます。

そのために、喫煙から離れることで切望感が強く生まれることが、禁煙の失敗理由として考えられます。

チャンピックスで禁煙が出来るしくみ

禁煙補助剤のチャンピックスは、パーシャルアゴニスト(部分作動薬)と呼ばれる治療薬で、薬に含まれている成分が受容体と結合することで、微量のドーパミンを放出させることが出来ます。受容体を100%活性化させるのではなく、中途半端に活性化させる作用があり、完全にニコチン受容体を阻害するわけではないために、離脱症状を軽減出来る効果があります。

治療薬として服用しているときに喫煙したとしても、受容体にはチャンピックスの成分がすでに結合しているために、喫煙によって摂取したニコチンが受容体と結合することはなく、活性化されないために、喫煙による満足感を減らす効果もあります。

離脱症状を軽減出来ることと、喫煙したときに満足感が得られなくなってくることが、禁煙の成功理由となります。

チャンピックスは服用をきちんと守る

チャンピックスによる治療は、12週間にわたって受ける必要があり、用量と用法を守ることが大切です。

最初の3日間は1日1回の服用を行って、4~7日目は1日につき2回食後に飲みます。最初の7日間については、喫煙しても良くて、実質的に治療を開始するのは8日目以降となります。

医薬品ということで、一定の副作用が発症する可能性があり、多い症状としては吐き気や便秘などの胃痛症状や、頭痛などが起きることがあります。

チャンピックスは、ドラッグストアなどで販売されている医薬品ではなく、処方箋薬となります。保険が適用されるケースもありますが、継続的な治療を行っていくにあたって、一定の費用がかかることを把握しておく必要があります。

公開日: